豊郷町観光協会のブログ

滋賀県豊郷町観光協会の公式ブログです。豊郷小学校旧校舎群内にある観光案内所より豊郷町の魅力を発信いたします!

丸菱刺繍さんにお邪魔してきました【後編】

《最近の取り組みについて》

数年前から沖縄のデザイナーさんとの商品開発で「ペーパージュエリー」という

紙製の新感覚アクセサリーを作っていらっしゃいます。

金属アレルギーの方にもおしゃれを楽しんでもらいたいという思いから作られました。

f:id:toyosato_kanko:20210924112848j:plain
f:id:toyosato_kanko:20210924112902j:plain
  指輪                  ピアス・ブローチ

花びらが華やかに縁どられた素敵なデザインですね。

ピアスやブローチのアクセサリーに金の箔押しがワンポイントになり、丸菱さんの

細やかな技術が光っています。

 

《今までの仕事の中で、一番のチャレンジは何ですか?》

「立体ものにレーザー加工を施すことです。微調整をかけながら試行錯誤して

チャレンジしています」

 

西村さんの妥協を許さない職人気質で、きっと完成する日も遠くはないはず。

応援しています!

 

f:id:toyosato_kanko:20210924113040j:plain
f:id:toyosato_kanko:20210924113130j:plain
f:id:toyosato_kanko:20210924113112j:plain
代表の西村伊兵衛さん       ファッション誌『東京コレクション2008』に
             西村さんの技術が紹介されました!  

チャレンジ精神旺盛な西村さん、

《今後の目標などあればお聞かせください》

「加工を通じて、もっといろんな方面の人々と知り合いたいです。

自分のまだ知らない素材があると思うので、もっと加工技術の幅を広げたい」

というお答えでした。

 

《丸菱刺繍さんとしてのポリシーとは》

「加工に関連した依頼であれば『可否を問わず先ずはやってみる!』というチャレンジ精神で、求められたならば断わらないスタンスで挑む」

という、とても頼もしいご回答でした。

 

製造や加工を生業とする業者さんにとって、サンプル作りは手間暇のかかる作業ですが、西村さんは依頼者と納得できるものを何度でも作り直します。

そうした打ち合わせのなかで、素材や加工について自らの経験を生かして提案していく

スタイルを大事にされています。

 

やさしいお顔立ちで、若々しいエネルギッシュな丸菱刺繍の西村さんでした!

 

《最後に丸菱刺繍さんからメッセージを!》

「新しい素材と新しい加工を使い、お客様の可能性を広げるお手伝いをします。

1枚からでも対応させていただきますので、どうぞお気軽にご相談ください」

 

有限会社 丸菱刺繍   http://www.e-ohmi.net/marubishi/

ペーパージュエリー   https://paperjewelry.jp/

 

(こちらの取材は緊急事態宣言前のものです)

 

 

有限会社 丸菱刺繍さんにお邪魔してきました【前編】

今年2回目となる事業所様への取材&インタビュー、今回は豊郷町安食西で工場を

構える丸菱刺繍の西村さんにいろいろお話をお伺いしました!

 

《丸菱刺繍さんの会社紹介》

刺繍機による刺繍加工を主とする加工業。刺繍の他にもレーザー加工機によるカットや彫刻、コンピュータ彫刻機による箔押しなど、幅広い加工も手掛けておられます。

また、メタリィフという衣料用マーキング素材の新たな加工にもチャレンジして、アイデア溢れる”ものづくり”を目指しておられます。

 

f:id:toyosato_kanko:20210924112147j:plain

メタリィフのカットサンプル

 

今年で創業33年目を迎えた丸菱刺繍さん。

さっそくお尋ねしたのが『丸菱(まるびし)』という屋号の由来です。

「代々近江商人の家系で『菱屋(ひしや)』という屋号がついていました。

父が丸紅(まるべに)い勤めていたので、そこから『丸紅』と名付けました」

とのことです。

 

豊郷町観光案内所で販売している人気商品の一つに、丸菱さんが加工している

けいおん!」のキャラクターTシャツがあります。

キャラクターの部分は刺繍で、ロゴはメタリィフ加工したものです。

また、「うさかめマスク」も大好評の商品です。

f:id:toyosato_kanko:20210924112245j:plain

ロゴ入りTシャツ

f:id:toyosato_kanko:20210924112536j:plain

うさかめマスク(左上:ガーゼ・右上:きなり 下段:近江の麻)

f:id:toyosato_kanko:20210924112603j:plain

メタリィフ素材

 

《メタリィフ素材を使おうとしたきっかけは?》

「素材を模索している時にメタリィフに出会い、今までにない素材・質感が面白い!

と感じて使ってみようと思いました」とのこと。

 

《メタリィフの一番の特徴は?》

「一見シートの様に見えますが、これは織物です。普通にハサミで切るとほつれて

しまいますが、レーザーカットすると焼き切るのでほつれないのです。

色は10色あり、どれもオーロラ色に輝くとてもきれいな生地です。」

 

ほとんどの布地に加工できる魔法のような素材ですね!

 

さて、いざ作業場にお邪魔してみると・・・

たくさんの機械がズラリと並んでいます。

どんな機械でどのように加工されているのか、社会科見学のような気分で興味津々♪

 

f:id:toyosato_kanko:20210924112636j:plain
f:id:toyosato_kanko:20210924112655j:plain
f:id:toyosato_kanko:20210924112712j:plain
《刺繍機》コンピュータで刺繍専用のデザインに置き換え、6台の機械で
一気に刺繍していきます。
f:id:toyosato_kanko:20210924112735j:plain
f:id:toyosato_kanko:20210924112747j:plain
《コンピュータ彫刻機》この機械は、文字や図案の彫刻や箔押しをします。

f:id:toyosato_kanko:20210924112802j:plain

《レーザーカット加工機》複雑なデザインでも滑らかにカットできます。
f:id:toyosato_kanko:20210924112825j:plain
f:id:toyosato_kanko:20210924112835j:plain
《熱プレス機》この青い機械で、メタリィフ素材に圧着します。
帽子などカーブのついたものには、専用の金具を付けて固定し、圧着します。

 

                                【後編に続く】

ソレプロさんにお邪魔してきました

今回は豊郷町吉田に本社を構える株式会社ソレプロさんにお邪魔し立野さん・河村さんのお2人からおしゃれな古民家オフィスでじっくりお話をお聞きしました😊

f:id:toyosato_kanko:20210815104952j:plain

立野さん(左)と河村さん(右)

f:id:toyosato_kanko:20210815105212j:plain

ソレプロさんのカメラマン・塚本さんに取材風景を撮影して頂きました

《ソレプロさんってどんな会社?》
ウェブサイト制作/ウェブ運営サポート/パンフレット・封筒等の印刷物の作成まで幅広く行うIT会社。“貴方の「利益」が出るまで伴走する”という理念のもと、制作して終わりではなく、お客様の利益を一緒に追及するため、ご提案を繰り返し解析サポートもされるそうです◎

 

《ずばり!立野さんと河村さんのお仕事内容は?》
ソレプロさんでは①システム②デザイン③ディレクターの三つに部門分けされているそうです。
その中で立野さんはシステムを担当され、サーバー管理などの「組み立て」を行い形にするお仕事。(お聞きしているだけでも難しそう…💦)

一方河村さんはディレクターを担当され、お客様との相談・デザイナーさんへの共有等を行い、WEB制作の基礎を作るお仕事。いわゆる総括をされています!

(実は河村さんには観光協会から依頼をする際も、ニコニコと話しを聞き、なおかつこちら側の意向をビシッとをまとめ上げてくださるのでとても助かっております✨)

 

IT会社は「単独のPC作業が多そう」というイメージがありましたがソレプロさんでは3つの部門の皆さんがチームとして依頼を仕上げます。

日々のミーティングも欠かせません😊

f:id:toyosato_kanko:20210815105529j:plain

ソレプロオフィスの皆さま

《IT会社が田舎まち・豊郷町吉田に本社を構えるワケ》
元々社長さまのご出身が吉田であり、地元応援の想いももちろんですがもう一つ理由が。

それは…「今は産業が都会にあるのが当たり前ですがIT企業が田舎から日本各地へ通用する証明にソレプロがなれば」との熱い想いがありました。

特にコロナ禍である今、「田舎まちからのIT進出」はとっても大切なキーワードのように感じます。

 

《築95年!おしゃれな古民家オフィスのいいところ》
さて、前回からチラチラお見せしているソレプロさんのオフィス。

気になる方も多いのでは?もともとのお家の梁をそのままに廃材をうまく活用した、とっても落ち着きのある空間になっています。

ちなみにお2人のお気に入りの場所は満場一致でこの「会議スペース」!

フラっと近くの農家さんが遊びに来られることもあるそうです!笑 

地元の方たちとの距離感が近いのも古民家オフィスのいいところですね✨

 

ちなみに、ソレプロさんは近くにある愛知神社のお祭りや岡村本家の酒蔵まつりへの参加もされるそうですよ😊

f:id:toyosato_kanko:20210815110120j:plain

社員さんの推し!アットホームな会議スペース

f:id:toyosato_kanko:20210815110210j:plain

奥の部屋にはためになりそうな本がずらり

《ソレプロという社名の秘密》
ソレプロのソレは英語で“it”=ITつまり「ITのプロ」という意味合いを持ちます。

商売・経営の可能性を広げるツールとして、みんなの暮らしを豊かにするIT。

それをソレプロさんがITでお手伝いするという思いが込められています😊

 

《大切にしているポリシー》
お二人にお仕事をされるうえで大切にされているポリシーをお伺いしてみました。

・立野さん「常に日常の言葉に置き換えること」
自分がもつ知識を取り除き、お客様の身になって分かる説明・提案を心がけておられるそうです

・河村さん「デザイン=アートではなく、一つの設計として導くこと」
お客様に問われたことは全て説明がつくように。ディレクターである河村さんだからこその想いです。

お二人のお仕事に対する丁寧さ・お客様に対する熱意がとてもよく伝わります😊

f:id:toyosato_kanko:20210815110951j:plain

オフィスの至る所にある「ソレプロロゴ」をパシャリ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、豊郷町観光協会でも大好評販売中の「よしだのよいお米」。

実はここソレプロさんで作っておられるお米なのです…!

WEB制作会社がなぜお米を!?ここからはその真相に迫ります。

f:id:toyosato_kanko:20210815111344j:plain

《ズバリ!なぜお米を販売するようになったのでしょうか》
ソレプロの吉田本社として地域と連携した事業を行いたいという思いから、吉田の良さを知ってもらうツール=お米という考えに至ったそう。

また、「よしだのよいお米」はとっても素敵なオンラインショップがあるのですがWEB制作会社としてお客様の立場に立てるように、実際に自分たちでWEBショップを運営してみる」という目的があるとのこと…!

WEB制作会社であるソレプロさんだからこそできる、地域やお客様に対する素敵なアプローチ方法が「よしだのよいお米」だったのです。

 

ちなみに、立野さんは社内でも「よしだのよいお米」担当だそうで、時期になると農家さんとお米を運んだり、田植えの手伝いをしたり…

誠実な立野さんは農家さんからの支持も熱そうです😊

f:id:toyosato_kanko:20210815112406j:plain

《純度100%!吉田産のお米》
「よしだのよいお米」は、独自で乾燥・品質調整できる設備があり、生産環境の違うお米をひとまとめにすることなく、自分たちで育てたお米を品種ごと混じりけなしで調整管理できるのが特徴。

この吉田の土地でしか採れない、個性ある品種ごとの特徴を感じることができます。

年間3500㎏(2020年)ものお米が生産されているそうですよ✨

 

《人気の銘柄は?》
みずかがみ、キヌヒカリコシヒカリ、農家が食べてるお米の4種類のうち人気な銘柄を聞いてみました。

売り場にもよるそうですが、オンランショップでは「農家が食べてるお米」、ふるさと納税ではキヌヒカリコシヒカリが人気とのこと。


特にコシヒカリとミルキークイーンのブレンドである「農家が食べてるお米」はリピーターが多く、立野さんも「炊き上がりの艶が違う」とイチオシです😊

 

《おすすめの食べ方は?》
最初はぜひ塩だけで!!塩おむすびは欠かせません。

お米のおいしさが一番ダイレクトにわかるそうです。

また、吸水時間を長くとって炊くのがポイントとのこと😊

f:id:toyosato_kanko:20210815112554j:plain

おしゃれなパッケージに可愛いロゴ。素敵なネーミングセンスを持つ「よしだのよいお米」

f:id:toyosato_kanko:20210815112558j:plain

ロゴには「吉田」と「幸」のダブルミーニングが込められています

豊郷町観光案内所での取り扱いラインナップ》
・よしだのよいお米(2合) 各400円 
みずかがみ/キヌヒカリコシヒカリ/農家が食べてるお米
・食べ比べ「おた飯セット」(4品種×各2合) 1,600円

約2合(約300g)のパッケージタイプはお土産として大人気✨


ちなみに案内所人気も「農家が食べてるお米」なのです。

農家さんが食べているお米って気になりますよね…!

気軽なサイズ感ですので、食べ比べもおすすめです😊

 

※5kgは観光協会に取り扱いはございませんのでよしだのよいお米オンラインショップよりご注文下さい。

f:id:toyosato_kanko:20210815113850j:plain

《最後に、立野さん・河村さんよりメッセージ!!》


株式会社ソレプロとして…
「コロナ禍でネットショップを始めたい方、ご相談だけでもぜひお問い合わせを!」


よしだのよいお米担当者として…
滋賀県で一番小さい自治体の農家さんがまごころ込めて作ったお米。吉田の味をぜひ!」


立野さん・河村さん、素敵なお話をたくさんお聞かせ頂き、誠にありがとうございました😊

 

《取材先》
・株式会社ソレプロ
Instagram(@solepro_inc)

solepro.jp
・よしだのよいお米
Instagram(@yoiokome)

yoshida-yoiokome.jp

 

《よしだのよいお米取り扱い店舗》
豊郷町観光案内所
〒529-1169 滋賀県犬上郡豊郷町石畑518
豊郷小学校旧校舎群酬徳記念館内
OPEN/9:00~16:00(年末年始以外無休)

※現在コロナウイルス感染拡大防止のため臨時休館となります。情報の詳細は豊郷町観光協会HPをご確認ください。

 

toyosato-kanko.jp

 

 

《よしだのよいお米が食べられるお店》

tabelog.com

jinen.shop

toriikihonten.owst.jp

tabelog.com

 

 

とよ坊かぼちゃん収穫記

皆さまこんにちは!

しばらくコロナウイルス感染拡大防止の観点から

月に1回の観光協会職員による取材も自粛しておりましたが

7月より様子をみながら再開させて頂きます!

是非お付き合いくださいませ◎

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

突然ですが、皆さまは豊郷町の特産品をご存じでしょうか?

 

 

正解は「かぼちゃ」です。

しかもこのかぼちゃ、ただのかぼちゃではなく

坊っちゃんかぼちゃという品種で

手のひらサイズの小さなサイズ感と甘みの強さが特徴なのです!

豊郷の坊っちゃんかぼちゃの名前は一般公募され

「とよ坊かぼちゃん」と名付けられました◎

 

今回は豊郷町内でとよ坊かぼちゃんを育てられている北村さんの畑にお邪魔し

少しだけ収穫のお手伝いをさせて頂きました。

f:id:toyosato_kanko:20200713153021j:plain

北村さん宅のかぼちゃ畑

数週間続く雨予報の中、ようやく雨が上がったこの日、急遽収穫が決定!

北村さんの畑は昨年よりも多い100本近くの苗を植えられたそう。

しかし、例年稀にみない雨の影響で、いつもは青々とした葉っぱが

今年は黄色い葉っぱになってしまったとのこと…

 

ちゃんとかぼちゃが出来ているか心配されていましたが

畑をよく見てみると…たくさんの立派なかぼちゃたちが出迎えてくれていました!

f:id:toyosato_kanko:20200713171203j:plain

コロコロ実るとよ坊かぼちゃん♪

 

ちなみに、このかぼちゃの下に敷かれているスチロール製の敷物や藁は

かぼちゃが美しく育つには欠かせないもの。敷物をしないままかぼちゃが育つと

地面についているところが黄色く変色してしまうそうです。

特産物として出回るとよ坊かぼちゃんは見た目も美しいものでないといけません。

そのため、かぼちゃが実り始めたら一つ一つ敷物を敷いていくそう。

この量を考えると農家さんの苦悩と作物に対する愛情が伺えますね…

f:id:toyosato_kanko:20200714173736j:plain

黄色くなってしまったかぼちゃ

 

早速収穫のお手伝いを!ということで、大きいハサミと手袋・長靴・靴下まで支給していただきました。(何から何まですみません…)

実はかぼちゃの葉と茎は、チクチクしていて地味~に痛いのです。※昨年経験済み

 

f:id:toyosato_kanko:20200713172337j:plain

手に収まりきらない大きなハサミ

 

収穫するかぼちゃを見極めていると、大きいものや小さいもの

サイズのばらつきが見受けられました。

 

「大きいものを収穫すれば良いですか?」とお聞きしたところ

「大きさは関係ないんよ。かぼちゃの茎をよ~く見てみ。」と。

 

f:id:toyosato_kanko:20200713173555j:plain

 

「かぼちゃの付け根が茶色く枯れていたら収穫のサイン。

緑のはまだこれから成長するからとったらあかんよ。」

と教えて頂きました!なるほど…!

 

収穫中には、まだまだこれから育つであろう赤ちゃんかぼちゃや

f:id:toyosato_kanko:20200714174006j:plain

惜しくも誰かに食べられてしまったかぼちゃ

f:id:toyosato_kanko:20200714174120j:plain

誰が食べたんや~~

カエルの休憩場所となるかぼちゃなど

f:id:toyosato_kanko:20200715105340j:plain

たくさんのかぼちゃに出会いました!

 

パチンパチンとリズムよく収穫しているとあっという間に段ボールがいっぱいになります。

ここまで入ると小さなサイズの坊っちゃんかぼちゃといえど、結構重たい!!

 

f:id:toyosato_kanko:20200713174138j:plain

 

ちなみに私は今回収穫をお手伝いしていますが

もちろん畑を耕すことから、種をまき、水やり、藁や敷物の用意など…

収穫までにたくさんの工程があり、収穫した後もそれは続きます。

なんとこの大量のかぼちゃたちをこれから1つ1つ「磨く」のです!!

 

f:id:toyosato_kanko:20200715105606j:plain

軽トラで運ばれるかぼちゃたち

ちなみに今回収穫したかぼちゃは全体の半分程度。

北村さんは「雨やコロナで外に出にくい時期でもあるし、家でコツコツ磨くわ~」 

とおっしゃっていました。これぞ農家さんの「おうち時間」ですね…!

 

・・・・・

後日北村さんから、「磨きの作業をやるからおいで~」とお声がけを頂きました。

この日は1日お友達とお話しながら、かぼちゃを磨かれていたそう。

f:id:toyosato_kanko:20200716121116j:plain

乾いた布で一つ一つ丁寧に磨き上げると、ピカッと光って美しくなります。

大変な作業ですが、嫁入り前の工程だと思うと、少し寂しい&嬉しい気持ちになります(笑)

f:id:toyosato_kanko:20200716121250j:plain

気づけば、部屋の中には磨かれたかぼちゃがズラリ。

金色のとよ坊かぼちゃんシールも貼られ、とても立派な姿です…!

ここからいろんな場所に旅立ちます!いってらっしゃ~~い!!

 ・・・・・

 

とよ坊かぼちゃんは7月下旬ごろから直売所やスーパーに並びます。

通常のかぼちゃよりとても流通期間が短く、9月中旬には販売終了となりますので

見つけた際には是非お早めに手に取ってみてくださいね◎

 

f:id:toyosato_kanko:20200715135933j:plain

 

ちなみにとよ坊かぼちゃんは豊郷町観光案内でも販売の予定です。

その甘味やホクホク感にはリピーターさんも多く、毎年遠方より箱で注文してくださる方もおられるほどです!

また、とよ坊かぼちゃんペーストを使用した「とよさとプリン」と「パンどら」は年中販売しておりますので、是非ご一度賞味ください^^

※たくさんご入用の方はあらかじめ豊郷町観光協会(0749-35-3737)までお問い合わせください。

 

f:id:toyosato_kanko:20200715134855j:plain

とよさとプリン

f:id:toyosato_kanko:20200715134935j:plain

パンどら

 

いかがでしたでしょうか?

豊郷町の特産品「とよ坊かぼちゃん」

シンプルに焼くだけでもスイーツのような甘味が感じられるので

料理が得意でない方にもおススメですよ。ちなみに私もその一人です(笑)

とよ坊かぼちゃんを通じて豊郷の旬を楽しんでいただければと思います!

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました◎

 

 

 

 

 

カフェ御結さんに行ってきました

豊郷町の三ツ池にあるカフェ御結さんをご存知ですか😊?
古民家を改装し、ご家族で経営されている素敵なカフェです◎
先日ランチにお邪魔させて頂きましたのでご紹介いたします!

f:id:toyosato_kanko:20200222130027j:plain

カフェ御結さん

玄関に入るまでにはたくさんの動物さんたちがお出迎え😊
犬のくろみつちゃんは優しい顔でじっと見つめてきます😳
猫のおはぎちゃんは目の前までやってきてのび〜〜っ🐈
こ、これは可愛すぎてなかなか入れません🤤🤤💓

f:id:toyosato_kanko:20200222125754j:plain

くろみつちゃん

f:id:toyosato_kanko:20200222125919j:plain

おはぎちゃん

 

動物さんたちの歓迎の興奮冷めあらぬまま店内へ・・・

いらっしゃーい!と元気にお出迎えしてくださったのは

お姉ちゃんと弟くんでした😊
物件にご縁があり、ご家族で引っ越しされた際に

もともと野洲で営業されていたカフェも「カフェ御結」

として移転OPENされた中塚さんご一家。

お部屋はご家族で改装されることもあるそうです😳
なんともおしゃれであったかいカフェスペースがありました💕

f:id:toyosato_kanko:20200222130105j:plain

カフェスペース

そして御結さんの特徴としてはなんといっても「お子様大歓迎」のスタイル!
小さいお子様も安心なクッションフロアのキッズスペースに 離乳食や

アレルギー対応(事前予約)まで。
この日もお子様連れのお客様の楽しそうな声が聞こえていましたよ

カフェスペースとキッズスペースは別れているので

お一人様もお子様連れもどちらでもお楽しみいただけるのがいいですね◎ 

f:id:toyosato_kanko:20200222130137j:plain

キッズスペース

 

そしていよいよお待ちかねのお料理😳💓
全部美味しそうすぎて選べなかった私は必殺

「オススメをお願いします!」の技を使いました(笑)

 

すると出てきたのがこちら!一番人気の
チキンタルタル南蛮プレート+プチデザート
のセットです!!!!!

f:id:toyosato_kanko:20200222130214j:plain

チキンタルタル南蛮プレート 1,000円(税抜)

f:id:toyosato_kanko:20200222130334j:plain

プチデザート(バスク風チーズケーキ) 250円(税抜)


旦那さま曰く、ヘルシーな鶏むね肉を150g以上使用し、

サクッとした衣に自家製の南蛮ソースが絡み、

ご飯も進みます😊とのこと。 .
実際ご飯がとまりませんでした🍚✨
ボリューミーなのに重たくならず、

右下の手作りのタルタルが卵ごろごろでたまらない…
右上のほうれん草のポタージュも自家製だそうです😳

デザートは今はやりのバスク風チーズケーキ(通称バスチー)を頂きました!
なんともかわいい😍そしておいしい❤️
本当に大興奮のランチでした🍴

 

ランチをぺろりと食べ切り、美味しすぎた私はすかさず
「お料理の技術はどこかで学ばれたのですか?」
と聞いてしまいました🤤
お料理は奥さまのご担当なのですが、なんと奥様、
調理師専門学校卒業、同校の教職員、料理教室のアシスタントインストラクター
さらには飲食店の総料理長を経験されるなど華麗なる経歴の持ち主😳✨
納得の技術です!これはお料理がおいしくないわけがない!!

また、メニューやリーフレットなどのイラストも奥さまの手書きなんだとか😍
これまたなんとも味がでて、可愛いイラストなのです…💕
ご来店の際には是非チェックしてみてくださいね◎

f:id:toyosato_kanko:20200222130523j:plain

奥さま手書きのメニューイラスト

 

御結さんといえば、皆さまInstagramのアカウントはご覧になられましたか?
まだの方はぜひ@cafe0631をフォローしてみてください! .
個人的にもフォローしているのですが、
写真がとても綺麗で、お料理の魅力を引き出します✨
これら写真はカメラマンもされている旦那さまのお仕事◎
その影響もあり、店内にはところどころにお子様の可愛い写真が💕
.
ついつい足を止めてしまいます…👣
ちょっとした写真スポットもありましたよ📷✨

f:id:toyosato_kanko:20200222130645j:plain

店内に飾られているお写真

そんなチームワーク抜群な中塚さんご一家✨

カフェ以外にも
◯オーダーケーキ
◯オムツケーキ
◯オードブル
◯お弁当
コンサルティング
◯カメラ(撮影・編集)
などなど手広く行っておられるので、

気になる方は是非HPをチェックしてみてくださいね😊

カフェ御結(おむすび) cafe0631 of -Welcome to cafe0631 homepages!-

f:id:toyosato_kanko:20200222130726j:plain

中塚さんご一家


〜おまけ〜


お姉ちゃんと弟くんが付けている可愛いおむすびエプロン🍙
実は手作り!しかもリバーシブル!!

その日の気分に合わせて色を変えているそうです💓
弟くんに「お写真撮らせて〜」とお願いしたら

はしゃぎまわっちゃいました😆😆💕 .

f:id:toyosato_kanko:20200222131033j:plain

おむすびエプロンをつけた弟くん

 

カフェ御結さんに行きたい!と思ってくださった皆さま☺️
カフェ御結さんは事前予約優先になります🍙
営業日・予約方法・アクセス・イベント情報などなど…
詳しくはHPをご覧ください🙇

カフェ御結(おむすび) cafe0631 of -Welcome to cafe0631 homepages!-

春からはモーニングやクレープも考えておられるそうですよ🌸
これまた楽しみですね🤤💕

f:id:toyosato_kanko:20200222134450j:plain

8号線から曲がった際の目印になる看板

 

そして、豊郷小学校旧校舎群酬徳記念館内でもスイーツや
軽食の納品をしていただいております🥰
こちらも併せてご利用ください◎
※在庫状況は日によって異なります

f:id:toyosato_kanko:20200222134350j:plain

観光案内所売店でのスイーツ販売

 


皆さまお付き合い頂きありがとうございました🍀